少し前に「大阪ウイスキー物語」と言う、
長編の記事を書いた。
多くの参考資料を読んだ。
その中でニッカ余市のポットスチルが、
大阪は港区の市岡で作られた事を知った。


もしかしたらニッカさんはオフレコにしたかったかも、
が、私にしてみれば名誉な事だ。
市岡は当店からは目と鼻の先、
すぐ近くなのだ。
そして本当なら港区の職人さん達の技術力の高さ、
何を造る機械かも解らなかったかもしれない、
その巨大な蒸留器の製作に挑戦する。
心意気を感じた。


そして何人かの方に、
その後どうなりましたかと、
尋ねられる。


やはり関係者から正確な事を知りたい、
で、待った。
当店の常連氏の中に、
お近くで鉄工所を営まれている。
老紳士が居られる。


その方が来るのを、
すると少し前に、
ようやく来られた。
そして尋ねた。


色々と調べた結果、
そこでは無いかと思われる
鉄工所が確かにある。
すると、
「そこで間違いないわ」
やっぱり、
「その会社はボイラーを専門に作ってた」


ボイラー・・・ポットスチル・・・
似てると言えば似てる。
「が、2〜3年前に会社はお辞めになったはず」
そうなのだそれでその会社の詳しい事が解らなかったのだ。


「知り合いが居てるから、今度聞いてあげるわ」
是非、お願いします。

と、又待っている。
謎が解けるのは、
もう少しのような・・・



f:id:BARin:20140328234710j:image:w360
「ニッカ第一号ポットスチル キングスランド」