f:id:BARin:20130917155052j:image:w360
ここで受付をする。
拝観料は大人400円、
土佐十一烈士の遺品が眠るのだが、
ボランティアの方が案内してくれるのだが、
堺事件の話しが案内の方と噛み合わない、


旗があるのだ。「旗持梅吉」さんの、
三枚あったのだが戦争で二枚焼失したらしい、
「梅吉さんの旗だ」
と、私が言うと、案内の方が、


「猪之吉ですよ」
「いや、梅吉です」
「・・・・」
「旗持梅吉です」
「・・・・」


し、知らないのか・・・
そこからなのだが、
立場が逆転、


私が話し出した。
「この方をご存知ですか」
「はあ・・」
「この方は・・」
「え、そうなんですか」


その後案内のおじさんは、
「え、そうなんですか」
を五回ほど連発した。

私の知らない事を発見したくて行ったのだが、
逆におじさんに教える事になるとは・・


梅吉の旗、そして土佐隊士達の遺髪、
箕浦、西村両氏の三方、

この三方には大量の血痕が付いていた・・・
箕浦、西村両氏が若いのは、
やはり家柄と勉学、
両氏ともエリートだったのだ。


生きていたら新政府でも活躍しただろうに、
実に残念だ。
そして妙国寺の前の道に、
f:id:BARin:20130917151020j:image:w360
その先に、
f:id:BARin:20130917154622j:image:w360


妙国寺の目の前なのだが、
宝珠院幼稚園がある。
扉には鍵が掛かっている。
中には沢山の園児たちが、

き、気まずい・・・
周りをウロウロした。
ん〜、どうしよう・・・


派手な車で、妙な格好をした。
間抜け面のおじさん、
完全に怪しい・・・
f:id:BARin:20130917165141j:image:w360
だいたいこんな格好でお参りすること自体、
不謹慎だが、裃ならもっと変だろう、


が勇気を出してインターホンを、
f:id:BARin:20130917154700j:image:w360

「中を見せてくれませんか」
「はい、どうぞ!」
意外と簡単に・・・
中には十一烈士の墓以外に、
フランス人の慰霊碑のある。

f:id:BARin:20130917154134j:image:w360

しかし、墓が老朽化している。
埃を払おうと思ったが、
崩れそうで、見つめるだけだった。
f:id:BARin:20130917154223j:image:w360


修復すれば歴史的な価値が変わるだろうし、
かと言ってこのままでは少し不憫だ・・・
語り継がねば、
私はこの事件を通して心から思った事がある。


十一烈士のような事は出来ない、
が、カクテルは作れる。
もっと丁寧に、
そして出来る限りの事にお応えし、
飲みたいと言われるお酒があったら頑張って買おう、


私は私の出来ることを一生懸命、
この日以来、氷の切り方が丁寧だ・・・


妙国寺を後にする時、
大柄な男の人が一人入れ替わりで入って来た。
ふと見ると異国人、
も、もしやフランス人か、

慌てて鳶口を探した。


完全に頭が変になっている・・・


多くの勇気を戴いた。
「土佐十一烈士」
私はこの方達と同じ日本人と言う事を誇りに思う、
心からご冥福を祈ると共に、
心が折れそうな時には又お参りに来よう、
こういう方たちが居たから、
私は今を生きている。
先人に敬意と感謝と祈りを・・・
f:id:BARin:20130919123112j:image:w360
しかし、この当時日本を変えよう、
日本を守ろうとし、多くの若者が亡くなった。
坂本龍馬然り、先日放送があった。
人気ドラマ「半沢直樹」の最終話は、
そういう日本の歴史を象徴しているように感じた。


私がこの墓所を訪れた時、
幼子達の声が響く中、
昨年亡くなられた「桑名正博」氏が
私の店でよく歌ってくれた歌が、
何故か頭の中でずっと、ずっと流れていた。
「ひとひら」